借地権と底地権の違い

借地権と底地権、似ている言葉のようで意味合いは微妙に違います。


まず土地の所有権には借地権と底地権の2つが組み込まれています。
底地の所有者である土地所有者が、借地権利者へと建物を建てる事を認める形で権利(借地権)を譲渡しています。
この土地所有者が元来持っている権利が底地権です。


借地権という言葉の通り、普段は土地を借りる形で建物を建てているため、しっかりとした不動産契約を結ばないとさまざまなトラブルに巻き込まれてしまいます。
こんな建物を建てられる予定ではなかった、いますぐ更地に戻したい、そういったわがままを言う方も少なくないでしょう。
この時、突然土地所有者から土地や建物から立ち退きを求められても断れるように、借地権利者は借地権を保持する形で守られています。


借地権を得るためには、土地所有者から建物目的で借りる必要があります。
そのため無人駐車場やゴルフ場といった場所を作るために借地権を保持することは出来ません。
また借地権が成立する条件としては、賃貸借契約の締結や固定資産税といった税金の支払い義務などがあります。


一生で一度の買い物となるマイホームの購入をする際、しっかりとした不動産業者で契約書を隅々まで読み、土地所有者とのトラブルを未然に防ぐような取り組みをする必要があります。
うっかり何も考えず建物だけを建ててしまい、いざ入居となった時にトラブルとはち合わせしないよう、知っておくべき知識を身につけておきましょう。